HOME>歴史のある乗蓮寺について>歴史のある乗蓮寺について

乗蓮寺がおすすめの理由

板橋区にある神社としてまず挙げられるのが、浄土宗赤塚山慶学院と称する寺院として有名な乗蓮寺です。こちらの神社は、西暦1394年から1428年頃に了賢無的が人々に教えたことで知られている歴史ある場所です。徳川家康から朱印地を与えられてから代々朱印状を与えられており、徳川家と繋がりが深いとされています。乗蓮寺に訪れる人の中には、歴史が好きな人も多くご利益がある神社としてたくさんの人で賑わっています。乗蓮寺の見所としては、なんといっても東京大仏の大きさです。奈良、鎌倉に続く日本で3番目に大きい大仏と言われており、昭和49年に3500名ほどの手によって3年かけて完成しました。これだけの人が集まり3年ほどかけて作られた東京大仏は、重さ32トンで高さは12.5メートルもあります。今では乗蓮寺に訪れる観光客の目を惹き付ける存在になっており、世界平和と万民救済の願いが込められているご利益のある大仏となっています。大仏以外にも乗蓮寺には、江戸三大飢饉のひとつとして有名な天保飢餓の供養塔があります。こちらは、当時流行っていた病気が原因で多数の人が餓死してしまうという状況になり、その方達の死体を寺内に埋葬しました。その際に建てられていたのが天保飢饉の供養塔であり、当時どれだけ大変な事態だったのかを知るきっかけになります。この他にも乗蓮寺には様々なみどころがあり、おすすめの神社です。

What’s New